システム開発

Drone system
ドローンシステム開発

様々なシステムを開発し、
未來に貢献するドローンを実現。

ドローンは近年急速に注目を集めていますが、その活用法についてはまだまだ発展途上です。
DroneA I技術研究機構では更なるドローンシステムを開発し、より未来への貢献を目指します。


ドローンによる肥料散布システム

ドローンに赤外線のセンサーを搭載し、空撮から農作物の育成状況を確認する事で、それに応じて肥料や農薬の散布量を計算できます。 各エリアの育成状況からドローンの飛行経路を作成し、飛行計画に沿って自動で肥料や農薬の散布をドローンが行います。


農業用ドローンの機体開発

ドローンにタンクを備え付ける事で液剤、または粒剤の肥料や農薬を搭載できるようになり、広範囲に散布が可能になります。
指定した飛行エリアに沿って薬剤を散布するだけでなく、あらかじめ指定をしておけばピンポイントな任意の地点だけ自動散布する事も可能です。


災害時にも利用できる多目的防水ドローン

雨天や強風など、天候の悪い時でも活動できるドローンを開発します。
視界が優れなかったり、陸路での移動が難しい災害後の状況であっても、必要な場所に迅速に救援物資などを届ける事が可能になります。


高精度なドローンによる測量

ドローンにカメラを搭載する事で、作業員や時間を削減しながらも高精度な測量が可能になります。
国からもその有用性は認められていて、公共工事での使用拡大が期待されています。
近年多発している大規模な災害での復旧活動の早期化や、測量の人員不足緩和にも繋がると考えられます。


AIスピーカー

AI Speaker
AIスピーカーのシステム開発

AI株式公開企業の
公認技術アドバイザーが在籍。

最先端の技術であるAIスピーカーを活用したシステムの開発、構築を行い、更なる技術の発展を目指します。
AI株式公開企業の公認技術アドバイザーと協力し、日々新しいものの開発に力を入れています。


ドローン保険について

Drone insurance
ドローン保険について

ドローンも扱いを誤れば危険、
万が一の備えは大切です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、ドローンにも保険が用意されています。
操作を誤ってドローンを破損してしまったり、他者に損害を与えてしまった場合に備えておく必要があります。


対人賠償

ドローンの操縦を誤って機体が歩行者に当たり、怪我を負わせてしまった。

対物賠償

ドローンの操縦ミスで他人の敷地に入ってしまい、家屋や屋根を破損させた。

機体の破損

ドローンの着陸に失敗し、機体が大破してしまった。

機体の捜査 / 回収

空撮などでドローンの行方が分からなくなり、捜査の費用が必要になった。

落雷による破損

ドローンの操縦中、落雷を受けて期待が破損してしまった。

盗難

自宅や倉庫に保管していたドローンが誰かに盗まれてしまった。


このような事件や事故があった場合、私たちはドローンを安心して利用して頂けるよう、ドローン保険への加入を推奨しています

 

ドローンの飛行ルール

Safety rules on Drone
ドローンの飛行ルール

飛行ルールの対象となる機体

許可申請手続き

許可が必要となる空域など